高齢者の便秘対策TOP >

高齢者の便秘対策リンク集◆1

子供 子ども 幼児 便秘

子供の便秘について紹介したいと思います。子供の便秘の原因は色々あるといわれています。子供は排便を我慢してしまうことがありますから、それによって子供の便秘になる場合があります。また、幼児は偏った食事をすることが多く、野菜不足や偏食が子供の便秘につながるということもあるようです。子どもの便秘は、母乳の不足や調乳の誤り・偏食や少食などの不適当な食事・不規則な生活などが原因で起こすことが多く、その他稀に病気が便秘の原因となっていることもあります。お客様の声: 効き目が穏やかでお腹が痛くなりにくい服用量を調節できる便秘に悩んでる子どもにみんな教えてあげたいです 。 届いた日に早速、ジュースに混ぜて息子に飲ませた所・・・夢にまで見た光景でした。 幼児の便秘はなぜ起こるのか、それは新生児から大人になるまで理由は殆ど変わらないと思われます。食物繊維の摂取が足りなかったり、水分摂取が足りていない、運動不足などが大きな理由だと思います。それでは幼児の便秘はどうやって判断するのでしょうか?それは便の硬さでほぼ判断します。毎日排便というわけではなく3〜4日に1回だったとしても、便がやわらかくて、お腹にガスが溜まっていて苦しそうでもなく、排便をするときも特に変わった様子が見えない場合は幼児の便秘だとは考えにくいです。逆にお腹が張っていて腹痛が起こり、排便のときに便の硬さから肛門が切れるといった症状が出ているならば幼児の便秘だと判断できます。肛門を切ることによって痔になったりもしますので、生活習慣などを変えて生活のリズムを正しくし、幼児の便秘を解消することが必要になってきます。あまりに酷い便秘の場合は浣腸を使い排便させたりもします。もしも肛門が切れて血が出ていたり、吐き気や酷い腹痛が起こった場合は病院へいってきちんと医師に診てもらいましょう。

授乳 便秘

授乳中には、市販の便秘薬は飲んじゃダメ。産後に授乳を始められることによって、人によっては便秘がひどくなる場合があります。また妊娠中には腹筋も使えなかったためにどうしても腹筋が弱くなり力むことも難しくなるようです。やはり授乳で水分を多くとられてしまうので、水分補給が大事です。一日に2リットルくらいの水分を意識してとったほうがいいでしょう。また食物繊維(水溶性)のある食べ物を一緒にとるようにしましょう。 母乳に影響がある事はしたくありませ ん。

便秘 オリゴ糖

「オリゴ糖」と聞くとシロップ状の甘いものを想像する方もおられると思いますがあれは甘味料としての物であり、それには、オリゴ糖は30%くらいしか含まれていません。『北の大地の天然オリゴ糖』は成分のほぼ100%が天然のオリゴ糖です。一般的に、腸の調子が良い状態とは、腸内の善玉菌である乳酸菌、ビフィズス菌が活性化されている状態を言います。この調子を保つために、腸内の乳酸菌、ビフィズス菌を、外部から取り入れて増やすという方法があります(要は乳酸菌、ビフィズス菌の含まれた食品をとるんですね)。ところが、外部から取り入れたものは、腸に届くまでに胃酸や胆汁によって大半が死滅したり、腸に住み着かずに出て行ったりしてしまいます。外部から取り入れるのではなく、元々腸内に済んでいる乳酸菌、ビフィズス菌を活性化すれば、それに越したことはありません。高純度のオリゴ糖はヒトの消化管内においてその大部分が消化酵素により分解されず、 吸収されることなく大腸に到達します。そして 腸内に棲んでいる善玉菌であるビフィズス菌、乳酸菌のえさになるのです。その結果として善玉菌が増えて腸内が善玉菌優位の状態になって整腸作用が活発化し、おなかの調子が快適になるのです。

プロバイオティクス 食品

「プロバイオティクス」とよく似た言葉ですが、「プレバイオティクス」という言葉も使われています。これは、「プロバイオティクス」の好物で餌と言えるもの。例えば、オリゴ糖は、消化されずに腸に届き、ビフィズス菌の餌となり、善玉菌の働きを活発にして、悪玉菌を抑えます。フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖などが商品化され、特定保健用食品に認可されているものもあります。乳酸菌は、プロバイオティクスの中の代表的な菌種のことです。乳酸菌は、腸の中で糖分を分解してエネルギーに変え、乳酸を作り出す細菌の総称です。腸にとっては善玉菌として働きます。乳酸発酵食品を積極的に食べましょう乳酸菌は繁殖しながら糖分を分解して乳酸を作り、これを乳酸発酵と呼びます。乳酸による発酵食品というとヨーグルトやチーズなどを思い浮かべますね。最近は、ラクトバチルスG21株(LG21菌)、ラクトバチルス・ジョンソニ株(LC1菌)、ビフィズス菌ヤクルト株(B.ブレーべ・ヤクルト株)など、「プロバイオティクス」をキャッチフレーズにPRしている乳酸菌飲料やヨーグルト等も販売されています。TVなどでも取り上げられているので、よくご存じですよね。

ダイエット 便秘

ダイエットと便秘ダイエットが便秘の原因になることも!スリムになるために行うダイエットも無理に行うと、おなかの張りのと便秘の原因になってしまいます。 極端に食事量を減らすと食物繊維が減り、便が排出されにくくなります。水分が不足すると、便が硬くなって移動しずらくなります。さらに脂肪分を控え過ぎると、便のすべりが悪くなります。せっかくのダイエットも、正しく排泄が行わなければ健康を害う結果になりかねません。ここで聞き逃せない難点は、便秘のせいで、せっかく摂取している健康補助食品やダイエット食品の成分吸収が阻害される事があるという点です。本来ならば、腸内から吸収されるべきダイエット食品の極微量で繊細な有効成分。これらが腸内の老廃物によって吸収されずに排出されてしまっているかもしれないのです。もともと人間は不要な成分を排出できる機能をもっていますが、老廃物はこれらの機能を正常に働かなくしてしまいます。便秘の方で、いろんなダイエット食品をやってきたが変化があらわれなかった方は要注意です。便秘、それは便が快適に出ない状態。食べる量を減らすと、自然と排泄物の量も減ってしまうため、ダイエッターにもよくみられる便秘。精製された柔らかいものを多く食べ、慢性的な運動不足。不規則な食生活に忙しい朝。そんな日々を送っている現代人の病気が便秘です。 腸をきれいに保てば、代謝が高まり、余分なものを排泄する機能が上がります。便秘の状態が続くと、ぽっこり下腹が出てしまい肌が荒れるなど、単純に見た目にも「キレイ」とは言えません。だからこそ、健康でキレイを目指すダイエッターは便秘ではいけないのです!  便秘に効果的な食物繊維は、噛みごたえがあり、低カロリーなものが多いので、ダイエッターの強い味方です。今こそ便秘を解消するために、“出すために入れる!”生活を実行しましょう!


Copyright © 高齢者の便秘対策リンク集1 All rights reserved